三井住友銀行カードローンの利息と返済回数について

三井住友銀行カードローンを借りるときは、利息と返済回数のシミュレーションをしてから借りることが重要です。三井住友銀行カードローンでは、借入残高によって約定返済金額が決まります。残高が50万円以下では1万円、50万円超100万円以下では1万5千円というようになっています。例えば、最初に100万円を借りた場合、しばらくは毎月1万5千円ずつが口座から引き落としされていきます。返済が進み、残高が50万円以下になったら、毎月の引き落とし額が1万円になります。

この残高に応じて約定返済金額が決まる方式は、返済を進めるほど毎月の負担を減らせるというメリットもありますが、毎月約定返済金額だけを返済していると、返済期間が長くなってしまうというデメリットもあります。利息は日割り計算なので、返済期間が長期になれば、当然支払う利息も増加していきます。繰り上げ返済手数料は無料なので、積極的に随時返済をしていくことが重要になります。

三井住友銀行カードローンのシミュレーションをするときは、まずは毎月最低額しか返済しなかった場合の返済回数と、利息について計算をしてみるのがよいでしょう。それが最長の返済パターンとなります。最悪のケースを考えた後は、どれだけ返済期間を短縮して、返済総額の負担を減らしたいかを考えます。毎月いくら返済していくのか、随時返済はどうするのか、ボーナスのうち何割くらいを返済に回すかといったことを考えてみます。最悪のケースを考えることで危機感を感じることができ、それを避ける必要性を感じることができます。