おまとめローンで契約違反するとどうなる?返済について

おまとめローンは、複数の会社からローンをしている人が、特定の一社に既存のローンをまとめて借り換えるということによって、従来よりも利息を安く、返済しやすくするための手段であるといえます。おまとめローンという以上は、特定の一社だけにまとめることが条件となり、おまとめローンをした会社に無断で、複数の会社からさらに貸し付けを受けようとした場合には、契約違反ということになってしまいますので、よほど注意をしておかなければなりません。お金を借りるということも、金銭消費貸借契約とよばれる、法律上の契約の一種ですので、契約違反にはきびしいペナルティがあるものと考えておいたほうがよいといえます。
契約違反に対する具体的なペナルティの内容については、それぞれの会社によって取り決めが違っていますので、一概にいうことができない点もあります。しかし、通常であれば、契約違反をした人に対しては、ふたたびみずほ銀行おまとめローンをはじめとする各種のローンの申し込みをすることが禁止されてしまうことになります。
また、現在借り入れている途中のおまとめローンについても、期限が到来していなくても、一括して返済を求められたり、もしも本人が返済できないときには、連帯保証人に対して請求がされてしまうということもあり得ます。こうした契約違反に関しては、おまとめローン以外のローンであっても、やはり対応は同じということが考えられますので、けっしてしないように努める必要があります。